商品のご紹介と日常の出来事など

Archives for 未分類 category

うるり

うるり甘露煮
本日も「うるり」入荷しました。

お盆前に入荷するのは、3年ぶりです。

炊き終わって、汗びっしょりです。頭もガンガンです。暑い夏にもっと暑い厨房での作業で、まめに水分補給(トータルでお茶を2Lほど飲みます。)をしていますが、のどが渇きっはなしです。

今のところ順調に獲れてるようです。

気候もこのまま安定していてくれればいいのですが。

鮎の天日干し

鮎の天日干し鮎の天日干し
昨日開いて洗い、つけ込み、陰干ししておいた鮎を、早朝より干し始めました。
午後12時現在の状態です。
あと1時間ほどで取り込み、仕上げれそうです。

生姜
鮎を干している間に「うるり」が入ってきた時に慌てないよう生姜を切っておきます。

干物を取り込んだ後は、時間がないけど、晩までに8㎏ぐらいは切りたいところです。

天然魚故、入荷は未定ですが「備えあれば憂いなし」です。

同じ場所で同じ体制の立ち仕事ですので、間接が固まっていて、座ると膝に痛みが出ます。

動きはロボットの様でしょうね(^_^;)

鮎の天日干し鮎の天日干し 取り込み
13時過ぎの状態です。旨そー。
いい感じで出来上がってきています。これから取り込みます。
これから骨処理、袋詰め、真空パック、やらで16時過ぎには干物作業終了の予定です。

24日の「うるり」入荷のブログを見られてお越しいただいたお客様。いつもありがとうございます。

うるり甘露煮、入荷しました。

うるり甘露煮入荷うるり甘露煮
気温が低めで獲れるかどうか心配だった「うるり」入荷しました。

7月初旬からお問い合わせ、又、お待ちいただいておりました多数のお客様、お待たせいたしました。

冷夏で欠品した4年前と同じ、「さらっ」とした炊きあがりになっております。

今後も順調に入荷するといいんですが?心配です。何せ天然の魚ですからね!

鮎の天日干し

鮎の天日干し
前日までに①~⑤を済ませておいた鮎を、いよいよ天日に干します。

午前中は曇り空ながら、気温は高め。午後からは晴れて、いい天日干し日より。

岐阜新聞様の1面に写真・記事が掲載されたことで、注文が殺到し、嬉しい悲鳴をあげております。

鮎の天日干し 準備

昨日、「鮎のみそ煮」製造で1日遅れを取り戻すことができたので、本日、休日返上で昨日製造予定の「鮎の天日干し」に取りかかりました。
鮎の天日干し つけ込み鮎の天日干し つけ込み
解凍後に、①開いて→②腸取って→③洗って→④漬け込んで→⑤1晩陰干しして→⑥翌日天日干し→⑦骨処理→⑧袋詰め→⑨真空パック→⑩殺菌処理→⑪半製品完成→⑫ラベル取り付け→⑬製品完成、となります。
解凍~⑬製品完成まで丸2日、大変な作業です。
⑥天日干しの半日だけ、他の製造・作業(鮎の甘露煮・鮎の塩焼き・鮎の干物④番まで、他雑用)が可能です。
昆布巻製造の次に、手間も暇も掛かる作業です。

※天気予報では明日は曇りらしい。なかなかタイミングが会わないものです。(^_^;)

鮎のみそ煮

12日に、サイズ違いの鮎が出たための予定変更をうけて、少しずつ生産予定にずれが生じてきたので、「鮎の干物」造りを取りやめ、今日は「鮎のみそ煮」の製造に取りかかります。
鮎、血抜き鮎の素焼き
いつも通りの行程です。
解凍後によく洗ってぬめりを取り、腸を取り出します。
洗浄後に串を打って、シンクに吊して血抜きをしておきます。
ほどよくしたら、鮎を焼き始めます。今日は雨降りで気温も低く、焼くのが苦になりません。ありがたい。
素焼き鮎鮎のみそ炊き
よく冷ましてから並べ、鮎だしベースの味噌ダレが吹いてきたら、鮎を入れ30分強、強火で炊きます。
炊きあがったら、よーく冷まし、3匹ずつ袋に入れて、真空パックにします。
鮎のみそ煮
商品ラベルを付けて、出荷されます。
「鮎のみそ煮」、購入はここをクリック

鮎の天日干し

岐阜新聞さんの朝刊に載った事で、鮎の天日干しについてのお問い合わせが、多数寄せられております。
問い合わせ内容は、取り扱い販売店や本店の場所、価格、配送の有無、商品構成、等、です。
中には本店にみえて、配送伝票を10枚ほど持って帰られたお客様もお見えです。
ありがたいことです。

岐阜新聞さん、鮎の天日干し取材
本日10時に岐阜新聞さんが「鮎の天日干し」の取材にお見えになりました。
梅雨も明けて、絶好の干物日よりの今日、気温はぐいぐい上がり、暑い暑い。
炎天下の中ありがとうございました。

大きな事件やニュースがなければ明日の朝刊に記事が載ります。

お中元セール 第2弾

7月17日~8月17日の間、下記7製品を配送料無料(北海道・沖縄県・離島は除く)のWeb価格にて販売いたします。

該当商品は
お中元

YNR-30長良川浪漫

YNR-50長良川浪漫

YAZ-30鮎づくし

YAZ-50鮎づくし

YAS-50鮎三味

YAJ-30味じまん

YAU-30鮎の宴

大変お値打ちとなっております。

引き続き、是非ご用命下さい。

鮎の昆布巻 2日目

鮎の昆布巻鮎の昆布巻
昨日両端を切りそろえた「鮎の昆布巻」。
昆布だしに「たまり」と「砂糖」からなるたれに、昆布巻を入れていきます。(左、干瓢の白さに注目)
アクを取りながら弱火で約2時間炊き、火を止めます。(右、干瓢も綺麗な黄金色に変わってきています。)
このまま一晩置き、朝袋詰めして真空パックで完成となります。


 

About Author

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit. Vestibulum at arcu. Integer et risus. Morbi id tellus. Integer felis. Mauris malesuada, turpis vitae facilisis euismod, dui arcu adipiscing sem, eu vulputate leo ante in lacus. Sed porta accumsan lectus. Aenean ac sem. In consequat tempus velit. Phasellus leo enim, adipiscing a, egestas nec, pretium ut, pede. Mauris sollicitudin diam et mauris. Sed quis enim vel augue egestas lobortis. Etiam tempus ipsum vel neque.